株式会社 市川環境エンジニアリング
HOME | お問合せ | 会社案内 | 個人情報保護方針 | サイトマップ 
INDEX
市川環境エインジニアリングとは?
会社案内
社長あいさつ
沿革
組織図
許可登録
ISO 14001
施設
施設見学
技術
新エネルギー
IR情報
採用情報
サービス
廃棄物処理・リサイクルサービス
工事・維持管理サービス
土壌汚染浄化サービス
地中埋設物撤去サービス
ソリューション
工場
公共施設
ビル
商業施設
COLUMN
経営者向けコラム
担当者向けコラム


FAQ
seminar


平成24年6月23日に市川市環境保全協定より、協定締結期間の5年間における環境保全活動全般に関し、『平成15年にISO14001を取得、平成22年度の活動として太陽光発電パネルの導入・低公害車(ハイブリッド車等)の導入』などが評価され、優れた成果をあげた事業所として表彰されました。
その後、「環境情報交流会」が開催され、表彰された各社が優れた環境保全活動について発表を行い、企業と行政の情報共有を行いました。


【環境保全協定とは】
平成12年に、それまでの「公害防止協定」を全面的に見直し、事業者自らの積極的な環境保全活動への取り組みを中心とした実効性のある「環境保全協定」へと改めました。
 事業者は、環境法規制を遵守する旧来の環境管理から、地域環境、さらには地球環境へと、より高い環境目標に自主的に取り組むことが求められています。
市民の関心も省エネルギー対策や廃棄物対策等の温暖化に結びつく環境問題へと向けられています。
 このようななか、市民、事業者、市が協働で地域の環境負荷を削減する取り組みを進めることで事業者は市民の信頼を得、さらなる環境保全活動への取り組みの成果が期待されることとなります。
 そのために、事業者と市は環境保全協定を締結し、市民生活と密接な関係のある地域環境の改善を進め、ひいては地球環境問題に対しても積極的に取り組んでいくものです。



表彰式と環境情報交流会の様子

 

ページトップページトップへ


COPYRIGHT 2004 ICHIKAWA  KANKYO ENGINEERING CO.LTD. ALL RIGHTS RESERVED.