株式会社 市川環境エンジニアリング
HOME | お問合せ | 会社案内 | 個人情報保護方針 | サイトマップ 
INDEX
市川環境エインジニアリングとは?
会社案内
社長あいさつ
沿革
組織図
許可登録
ISO 14001
施設
施設見学
技術
新エネルギー
IR情報
採用情報
サービス
廃棄物処理・リサイクルサービス
工事・維持管理サービス
土壌汚染浄化サービス
地中埋設物撤去サービス
ソリューション
工場
公共施設
ビル
商業施設
COLUMN
経営者向けコラム
担当者向けコラム


FAQ
土壌汚染浄化サービス

 近年、企業の工場跡地等の再開発等に伴い、重金属、揮発性有機化合物等による土壌汚染が顕在化してきています。土壌汚染による健康影響の懸念などから平成15年2月に「土壌汚染対策法」が施行されました。汚染土壌の浄化は、リスク管理上の重要課題に位置付けられるようになってきています。IKEでは廃棄物処理とリサイクル事業に関わる長年の実績と信頼に基く安全で安価な工法により汚染土壌の浄化を実現します。「土壌汚染対策法」に示された基準や指針を遵守し、汚染の内容、汚染の状況に応じた適切な工法、価格をご提案しています。


敷地外搬出処理工事
・汚染土壌の掘削・搬出
・代替土壌の埋め戻し
・汚染土壌の浄化処理

原位置浄化工事(敷地内での浄化工事)

VOCs(揮発性有機化合物)による地下水汚染の浄化工事

市川環境エンジニアリングは何をするのか?
 例えば汚染土壌を敷地外に撤去して処分する場合、汚染の状況に合せた汚染土処理方法のご提案・提携先汚染土処理施設の紹介に始まり、汚染土の掘削から処理施設までの運搬、必要に応じた埋め戻しまで全て一括して行います。土壌の分析がお済みで無ければ、業務提携している分析機関を紹介いたします。

市川環境エンジニアリングはどんな会社か?
 廃棄物のリサイクルや処理で成長した会社です。一般的な廃棄物処理業者との大きな違いは水処理部門があることです。この関係で掘削工事に必要な土木工事を長く手掛けてきました。廃棄物処理から引き継いだノウハウと掘削工事の実績で汚染土壌の浄化を行います。インターネットで当社の社名を検索してみてください。ご想像いただく以上にヒットするはずです。

なぜ安く処理できるのか?
 発注形態を見直し、直接発注を増やして間接コストを抑えることで低価格を実現しています。先例の敷地外に撤去して処分するケースでも処理施設と直接取引きを行います。現在汚染土の最終的な浄化処分を行う企業の多くは、廃棄物の処分に縁のある会社なのです。廃棄物の処理を通じて築き上げた信頼関係が「直接取引」を可能にしています。

ごみが出てきても大丈夫?
 最も得意とするところです。いざ掘削工事に入ると廃棄物が出土することも少なくありません。廃棄物の処理は当社の本業です。安心してお任せください。

土壌汚染浄化サービスのFAQはこちらです。

ページトップページトップへ


COPYRIGHT 2004 ICHIKAWA  KANKYO ENGINEERING CO.LTD. ALL RIGHTS RESERVED.