株式会社 市川環境エンジニアリング
HOME | お問合せ | 会社案内 | 個人情報保護方針 | サイトマップ 
INDEX
市川環境エインジニアリングとは?
会社案内
社長あいさつ
沿革
組織図
許可登録
ISO 14001
施設
施設見学
技術
新エネルギー
IR情報
採用情報
サービス
廃棄物処理・リサイクルサービス
工事・維持管理サービス
土壌汚染浄化サービス
地中埋設物撤去サービス
ソリューション
工場
公共施設
ビル
商業施設
COLUMN
経営者向けコラム
担当者向けコラム


FAQ
地中埋設物撤去サービス

 IKEでは、不法投棄や過去の不適切な建設工事により地中に残された埋設物の撤去工事を行っております。廃棄物処理とリサイクル事業に関わる長年の実績と信頼を活用し、廃棄物処理法に基づく適切な処分方法をご提案いたします。


地中埋設物(地中障害物)の分別工事

廃棄物処理に関するコンサルティング

発生した産業廃棄物の収集運搬・処分

 

埋設状況確認
  ヒアリングや試掘により埋設の概況を確認します。
埋設物の量や予想される廃棄物の種類に合せて廃棄物の受入施設を選定し、施工計画を作成します。


重機による分別
  主に使用する重機はバックホウです。格子状に加工されたスケルトンバケットを使用してコンクリートガラ等が混じった状態で土砂をすくい取り、バケットを振動させます。格子を通過する土砂類と通過しないガラ等の産廃類に分別することが出来ます。
スケルトンバケット付きバックホウ

リサイクル
  分別した土砂は、埋め戻しや残土として処分して可能な限り再利用します。バックホウでの分別が不十分な場合は、作業員等を配置して分別を実施します。コンクリートガラは、提携先の施設で産業廃棄物として処理します。コンクリートガラは破砕され、路盤材等の建材として再利用されます。

残土類

ガラ類

産業廃棄物の処分
  リサイクルが困難な廃プラスチック等は、産業廃棄物として適性に処理します。廃棄物の処理はIKEの本業です。廃棄物処理法に基づき契約を行い、産業廃棄物の許可車両で運搬します。もちろんマニフェスト伝票を使用しての処分となります。

廃プラスチック類

木くず類

地中埋設物撤去サービスのFAQはこちらです。

ページトップページトップへ


COPYRIGHT 2004 ICHIKAWA  KANKYO ENGINEERING CO.LTD. ALL RIGHTS RESERVED.