株式会社 市川環境エンジニアリング
HOME | お問合せ | 会社案内 | 個人情報保護方針 | サイトマップ 
INDEX
市川環境エインジニアリングとは?
会社案内
社長あいさつ
沿革
組織図
許可登録
ISO 14001
施設
施設見学
技術
新エネルギー
IR情報
採用情報
サービス
廃棄物処理・リサイクルサービス
工事・維持管理サービス
土壌汚染浄化サービス
地中埋設物撤去サービス
ソリューション
工場
公共施設
ビル
商業施設
COLUMN
経営者向けコラム
担当者向けコラム


FAQ
商業施設

 商業施設やアミューズメント施設は、施設本来の機能に加え、訪れるお客様にとって快適な環境であるかどうかが重要な価値基準になります。IKEは、施設ごとの特長を踏まえた上で、施設全体を取り囲む環境衛生について考え、各種清掃から廃棄物処理・リサイクルまで、トータルにサポートします。


廃棄物の収集運搬・処分・リサイクル

廃棄物の収集運搬・処分
 商業・アミューズメント施設では、日々の事業活動に加え、来場者が持込むものを含めて廃棄物の種類は多岐にわたります。その上、各種イベントの開催やシーズンごとの変動により、排出量は不規則になります。IKEは、各種廃棄物の分別収集・運搬、処分を手掛け、お客様のご要望や、廃棄物の性状に合わせて最適な処理方法をご提案します。


ゴミ処理室内の清掃・管理
 商業・アミューズメント施設などの多くの人が集まる施設では、多種多量の廃棄物が出ます。IKEは、それらを効率よく回収するための貯留を衛生的に行ない、適正処理・リサイクルに必要な再分別を行ないます。さらに、分別・貯留方法のアドバイスや、処理室の清掃および管理業務も行ないます。
ゴミ処理室

ビン・缶のリサイクル
 原料として再利用可能なビン類・缶類は資源そのものです。IKEは、再資源化素材としてのリサイクルルートを構築し、資源の有効活用に取り組んでいます。
ビン・缶分別施設

古紙・段ボールのリサイクル
 廃棄物中に大きな割合を占める紙類は、再生率も高い状況にあります。正しく分別することで再生できる紙類について、IKEはその分別・保管からリサイクル方法にいたるまで、トータルに対応します。また、機密書類の処理もお任せ下さい。
古紙・段ボール分別保管施設

廃家電品のリサイクル
 IKEは、家電リサイクル法に対応した処理施設を関係会社にて保有し、手分解と破砕・選別を行い、製品への再利用に貢献しています。また、合わせて廃冷蔵庫などに含まれるフロンの完全分解処理も行っています。
廃家電品


給排水設備の維持管理

各種管内清掃・保守点検
 施設内の給排水管は、安心して使用できる衛生的な水の供給と汚水を円滑に排水する重要な役割を担っています。IKEは、各種管内の清掃や保守点検を通じて、給排水管の機能維持に努めています。
側溝清掃

各種槽内清掃・保守点検
 施設の運営に欠かせない給排水は、貯水槽から浄化槽まで、さまざまな槽に貯留されます。IKEは、各種槽の清掃や点検にきめ細かく対応し、清潔で安全な生活環境を支えています。
保守点検 槽内清掃


空調設備などの維持管理

 日々正常に機能することが求められる空調、電気、消防などの諸設備には、定期的な点検が必要です。IKEは定期点検や補修作業を通じて、諸設備の事故を防止し、耐用年数を延ばします。
電気設備点検


害虫防除、空気環境測定などの衛生管理

害虫防除などの衛生管理
 私たちの身の回りに潜み、ときに悪影響を及ぼすこともある害虫。このような害虫から私たちの生活環境を守る必要があります。IKEは、一般家庭から大型の施設までを対象に、さまざまな施工場所に適した方法で害虫の生息状況の調査から駆除を含む防除を行なうことで、被害を未然に防止し、快適な生活空間を維持します。
害虫防除

室内空気環境測定
 室内の空気環境は常に変化しており、人々が集まる一定規模の施設では、空気環境の測定が義務づけられています。IKEは有資格者による測定を行い、快適で安心できる室内環境の維持をお手伝いします。
測定機器


床・路面などの施設内清掃

建物清掃 (室内清掃、床面清掃、窓ガラス清掃、照明器具清掃、外壁清掃など)
 建物の清掃は、快適な環境を提供するだけでなく、安全衛生や施設の機能保持の面でも重要です。IKEは、日常の室内清掃や定期的な床面清掃、さらには照明器具や外壁などの特別な清掃など幅広く対応し、きめ細かく丁寧な作業を行います。

床面清掃


窓ガラス清掃

路面清掃
 園内などにおける舗装された敷地内の路面清掃は、施設の美観を保持するだけでなく、日常の通行を円滑に行うためにも必要です。IKEは道路清掃の他、工場・公園などの路面清掃も行っています。
道路清掃車


建物設備工事

 施設内の快適な環境を支える諸設備は、日々の維持管理をどんなに徹底していても、いずれは経年劣化が進み、修復や新規設備との交換などの必要性が生じます。IKEでは、諸設備の維持管理だけでなく工事補修までをトータルに管理することで、安心できる快適な環境の維持に努めます。
建物設備工事


緑地維持

ページトップページトップへ


COPYRIGHT 2004 ICHIKAWA  KANKYO ENGINEERING CO.LTD. ALL RIGHTS RESERVED.